地域への取り組み

インターンシップ
向茂組では地域企業として、未来を担っていく子供達の育成に貢献できるようインターンシップの受入を積極的に行っております。建設業の楽しさ・物を作る楽しさを伝えられたらと願っています。

工事部以外でも、総務部・メンテナンス部でも受入を行っており、当社のあらゆる部門でご要望に対応させて頂いてます。

インターンシップ受入実績

平成20年7月 滋賀県立八幡工業高等学校 2名
平成21年7月 滋賀県立八幡工業高等学校 2名
平成22年7月 滋賀県立八幡工業高等学校 4名
平成24年7月 滋賀県立八幡工業高等学校 2名
平成26年7月 滋賀県立八幡工業高等学校 2名
平成27年2月 滋賀県立八幡商業高等学校 2名
平成27年7月 滋賀県立八幡工業高等学校 4名
平成27年11月 東近江市立朝桜中学校 4名
平成28年2月 滋賀県立八幡商業高等学校 2名
平成28年7月 滋賀県立八幡工業高等学校 2名
平成29年2月 滋賀県立八幡商業高等学校 4名
平成29年7月 滋賀県立八幡工業高等学校 2名
平成29年11月 東近江市立朝桜中学校 4名

 

 

株式会社向茂組 地域への取り組み<インターンシップ> 株式会社向茂組 地域への取り組み<インターンシップ> 株式会社向茂組 地域への取り組み<インターンシップ>


除雪作業
東近江市は鈴鹿の山と琵琶湖のあいだに位置しており、冬期には平野部でも雪が積もる地域です。
当社は滋賀県及び東近江市と除雪契約を締結し、地域の除雪にも積極的に取り組み、地元地域に貢献しています。

防災活動
滋賀県建設業協会を通じ、国土交通省・滋賀県・東近江市と防災協定を締結しています。
大きな災害には見舞われておりませんが、台風のさいには河川の決壊や土砂災害の復旧に参加し、地域の減災に貢献しています。

聖徳祭り
「地元行事に参加することにより、身近な企業でありたい」という思いから、社員の提案により聖徳祭り「総踊り」に参加しました。 地元にいながら江州音頭を踊ったことがない社長を筆頭に、練習も行いました。 企業として地域の行事に参加する機会も少なかっただけに、出会う方々に声をかけて頂く機会も増えました。 今後も積極的に参加していきたいと考えております。

聖徳祭り

淡海エコフォスタ参加
当社では、滋賀県が主催する「淡海エコフォスタ」に参加しています。 毎月1日に「骨材センター」前の道路を、社長を筆頭に清掃活動を実施し、地域に貢献しています。

淡海エコフォスタ

ボランティア活動

当社の近くにある「あゆみ作業所」(知的障害者通所更正施設)の方が古紙回収をされておられ、当社にも回収に来て頂いております。
 当社から出るゴミも、分別回収することにより環境だけ でなく、社会貢献にも役立っています。
事務所からでる古紙だけでなく、現在では工事現場から出るダンボール等も持ち帰るようになり、社員の意識も向上してまいりました。
また、東近江市ではエコキャップ運動も盛んで、当社もハンディ・エコキャップ協力事業所として登録しております。
社内だけでなく、工事現場でも、プルトップやペットボトルのキャップを回収しております。安全大会などで呼びかけも行っており、近年では取引先企業からも届くようになりました。
あゆみ作業所の方を通じて、幅広いボランティア活動に貢献できるようになり、 今後も当社の事業及び行事を通じて、ボランティア活動を広めるお手伝いが出来たらと考えております。
エコキャップ プルトップ

東近江市 ハンディ&エコ・キャップ支援事業 東近江市 ハンディ&エコ・キャップ支援事業

献血サポーター
「社会貢献で出来ることは何か?身近なことで無いだろうか?」社員の小さなつぶやきがきっかけとなり、平成20年1月から始めた地域献血参加、平成21年11月には滋賀県赤十字血液センターに出向いての、成分献血に参加するようになりました。

今後もセンターへの献血に参加できるよう、社員に呼びかけると共に、献血サポーターとして企業貢献を行なっていきたいと考えています。

使用済み切手運動
当社では、他にも使用済み切手運動に参加しています。

当社に届く郵便物の使用済み切手を集めて、「JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)」に送っています。 当社からの郵便物を出すときも、使用済み切手運動用に、端から1㎝以上離して切手を貼るように心掛けております。

地域への取り組み(過去の履歴・アーカイブ)