湿地造成に威力を発揮する敷鉄板

 通常、仮設道路に用いられている敷鉄板の標準サイズは『L6,000mm × W1,500mm × T22mm』ですが、これでは工事終了後の歪み調整に多額の費用がかかります。向茂組が所有する敷鉄板は『L6,000mm × W2,000mm × T32mm / 枚』でその数は6,000枚。鉄板リース業 Pマット

 泥濘がある工事現場において特にその威力を発揮します。泥濘の上にこの鉄板を敷き詰めることによって、ダンプトラックが悠々と鉄板上を走行して土砂などを運搬することができますし、土木機械のトラフィカビリティーを高めることができるのは勿論、降雨日や降雨直後の現場においても路面状態に影響されずに作業できますので、工期日の短縮が可能です。そして、50トンの重量が乗っても歪みを生じない鉄板ですので、工事終了後の歪み調整の費用等は殆ど掛かりません。

 また、舗装された道路の上に敷くことによって、建設機械のクローラーによる舗装路面の損傷を防ぐことができます。尚、この敷鉄板は、多くの工場現場へのリースをさせて頂いており、関係各方面より好評を博しております。

 向茂組が保有する鉄板は、通常の物より厚みがあるため、写真のようにテトラポット上部に設置してもトレーラーでの重量物輸送や、クレーン設置作業が行えます。

 今回の現場では河川での工事という事もあり、環境面では水質汚染に配慮するため、安全面では解体時のリスクを最小限に抑えるため、橋梁解体工事を現場内で最小限にとどめることとし、コンクリートの固まりのまま現場から搬出しました。

 当社敷き鉄板の強度・運輸部の輸送力・重機部の施工精度・当社所有プラントの広大な土地がなければ実現しなかった施工です。

 県内一の機動力を持った当社ならではの施工と言えます。